いびきがうるさくてイライラ!上手に克服する方法

いびきを止めれば万事解決

旦那さん、もしくは奥さんのいびきがうるさくて眠れないと、イライラしていませんか。 周りの人から見ればたかがいびきと思うかもしれませんが、いびきを毎日聞いている当の本人はたまりません。 睡眠が妨げられて不眠になったり、イライラが溜まって精神疾患になったり、離婚に発展することも珍しくありません。 旦那さん、もしくは奥さんのいびきを止めることができれば、こうした事態も防げるかもしれませんね。

冷静にいびきと向き合う

旦那さんや奥さんのいびきがうるさい場合、我慢せずにいびきを止める方法を考えましょう。 我慢し続けても睡眠不足になって体調を崩したり、精神疾患を抱えてしまう恐れがあるなど、良いことがありません。 もちろんいびきを止めるにはいびきをかいている本人の協力も必要です。 いびきがうるさいからとけんか腰に注意しても、相手だってイライラして協力なんかしてくれません。 ですからいびきがうるさくてイライラしていても、心を落ち着けて穏便に解決への糸口を見つけましょう。 中には本人にいびきをかいている自覚がないという人もいます。 今までいびきをかいていなかった人は、いびきをかいていることを指摘しても他人事です。 しまいにはいびきをかいていても、どうしようもできないと開き直ってしまうかもしれませんね。 ですから冷静になっていびきがうるさくて困っていることを伝え、いびきを止める方法をお互いに探す必要があるのです。

いびきを止めるにはダイエット

年齢を重ねて体型も変わってくると、肥満が原因で首回りに脂肪がつき、いびきをかくようになる人が増えてきます。 いびきをよくかく人は、やはり総じて体型が大きい人、つまり肥満気味の人が多いように感じます。 あるいはタバコを吸ったり、お酒をよく飲む人、鼻炎など喉や鼻の病気を抱えている人もいびきをよくかく気がします。 確かに肥満、喫煙、飲酒、鼻炎はいびきをかく主要な原因といえるでしょう。 喫煙や飲酒はやめられないというかもしれませんし、鼻炎も簡単に治るものではありません。 しかし肥満はいびきどころか、健康にも良くありませんから、肥満解消のためのダイエットなら乗り気になってくれるかもしれません。 食生活の改善は、お昼ご飯を弁当にしたり、食事の内容を変えるなど、お互いに意識すればできるはずです。 もし睡眠時無呼吸症候群だとしたら、日中猛烈な眠気に襲われたり、疲労感を感じるなど、日常生活や仕事にも影響がでてきます。 寝ている間呼吸ができていないわけですから、場合によっては死に至ることだってあるわけです。 命に危険が及ぶとわかれば、さすがにいびきを止めるためにダイエットしようという気持ちになるのではないでしょうか。 ただもし睡眠時無呼吸症候群だとしたら、ダイエットも大事ですが、まずはお医者さんに診てもらうようにしましょう。

横向きで寝てもらおう

しかしながらダイエットをしたからといって、すぐに肥満が解消するわけではありません。 ですから肥満が解消するまで、いびきを我慢しなければならないとしたら溜まったものではありません。 そこで今すぐにでもできるいびき改善法として、横向きで寝てもらうという方法があります。 嘘だと思ったら一度、いびきをかいている人に横向きに寝てもらってみてください。 驚くほどぴたっといびきが止まる可能性があります。 巷には口呼吸防止テープや鼻腔を広げるブリーズライト、いびき対策枕などいびき防止グッズが溢れています。 もちろんこれらのいびき対策グッズを使っても良いのですが、横向きで寝るだけならお金はかかりませんし、すぐにでもできるはずです。 もし横向きで寝てみてもいびきをかくなら、枕の高さが合っていないということも考えられるでしょう。 是非高さのあった枕を使ってほしいものです。 とはいえ仰向けで寝るときと横向きで寝るときでは、頭の高さが変わってくるのはご存じでしょうか。 仰向けで寝るときより、横向きで寝るときの方が肩幅がある分、頭の位置が高くなるはずです。 ですから普段使っている枕でそのまま横向きで寝ると、枕が低くて首が曲がり、呼吸がしにくくていびきをかいてしまう可能性があります。 いびきどころか脊椎や頸椎が曲がってしまいますから体に負担がかかりますし、熟睡しにくくなってしまいます。 横向きで寝るときは横向き寝に対応した枕を使った方がいびきもかきにくく、睡眠の質も深くなるというものです。

いびき対策サプリメントも試してみる?

またいびきを改善するサプリメントというのも登場しています。 サプリメントを飲むだけでいびきが改善するとしたら、やっていない手はありませんね。 代表的なサプリメントとして、【サイレントナイト】 などがありますが、サプリメントなので副作用の心配もないでしょう。 ダイエットをしても時間がかかるし、喫煙や飲酒もやめられないとしても、サプリメントを飲むぐらいならハードルはだいぶ下がるはずです。 もちろん根本的な原因を治さなければいびきは完全になくならないとは思いますが、一時的には使えると思います。

▲ページトップに戻る